tou

東京通信大学からの就職について考えてみた【元キャリアアドバイザーの在校生】

対象者

本記事は「東京通信大学に入学を考えているけど就職ってどうなの?」と迷っている人を対象にしています。

キヨシ
キヨシ
フォッフォッフォッ、キヨシ(@kiyothink12)じゃ^^今日は東京通信大学からの就職についてじゃ^^
ケイタ
ケイタ
キヨシさんはキャリアアドバイザーとしても働いていたことがあるんですよね?
キヨシ
キヨシ
うむ、そうじゃ^^毎年1000人くらい大学生の就職相談をしていたよ。もちろん企業の担当者とも関わりが多くあったぞい^^
ケイタ
ケイタ
じゃあ今日はそのへん詳しく教えてください!

通信制大学は就職に影響する?

これは正直「企業による」ということが全てです。

傾向的には大企業やメガベンチャーと呼ばれるイケイケな企業は最低でもMARCHクラス以上でないとエントリーシートの時点で撥ねられる可能性は少なくないです。(ただ全部ではない)

じゃあ例えば「慶應義塾大学や早稲田大学にも通信ってあるけどどうなの?」という疑問が湧きますよね。

それは「OK」だと思います。ただ、学歴フィルタリングをしてるだけで、ESの内容によってはそれでも落ちます。

「慶應、早稲田だろうとダメな人はダメ」ということです。

ですので「通学か通信か?」というのは気にしなくて良いと思います。

それより、以下が大事です。

「あなたがなぜ通信を選んだのか?」
「そこで何を考え、何を行動して、何を学んだか?」
「そして、どんな成果を出したのか?」

「結局学歴かよ〜」と思う人もいるかもしれませんが、それは当たり前です。

勉強はやれば結果が出るもので、社会に出ればやっても結果が伴わない理不尽なことはたくさんあります。

何かしらの理由があったにしろ「勉強さえも頑張れなかった」のは評価としては低くならざるを得ません。

中途なら経歴からどんな能力があるのか、どんな成果を出してきたのかが見えやすいですが、新卒学生ではそれがどうしても見えにくいです。

もし、あなたが社会人学生ならば「大卒」を取るために行くのはありだと思いますが、高校を卒業して社会人経験なしでMARCH未満の通信制大学に行くのであれば、一定のフィルタリングにかけられてしまう可能性は覚悟しましょう。

では通信制大学には行かない方がいいの?

ここまでも話だとそう受け取られてしまいかねませんが、一概にそうとも言えません。

「学歴」という見えやすい指標がないなら、何を見せれるのか?に尽きます。

つまり、成果を出すのです。プログラミングならばWebサービスを作ってアピールしても良いと思います。

ただ、簡単なWeb制作(HTMLやCSS)でサクッと作ったようなものでは厳しいと思ってください。

一定の評価を得るにはもっと複雑な構造でUIに優れたものを作る必要があります。

もちろん今のは一例で、プログラミングに限らなくても良いです。

・企業でインターンをして営業成績で表彰された

・海外のボランティアに参加して現場でどのような役割を担いどのように貢献したか

・YouTubeで試行錯誤、トライアンドエラーを繰り返しながら戦略的に登録者数を増やし1万人に達した

などなど、「尖った経験と成果」をしっかり作り出しましょう。注意しないといけないのは再現性があること、それがしっかりPDCAが回されていたことです。

「なんとなくできた」、「たまたま出来た」ではダメなことには注意してください。

結局、東京通信大学はどうなの?

社会人の場合

あなたが何を目的にして入学するかによります。
主にメリットがありそうなのは以下3点です。

  1. 大卒を取ると基本給が上がる
  2. 取りたい資格があるので大卒や特定の科目履修が必要
  3. 海外移住、海外就職を考えている

大卒を取ると基本給が上がる

まだ世の中には大卒であるだけで基本給が上がる組織が数多くあります。

あなたの方が早くに企業に入り、様々な仕事を効率良くこなせたとしても後に入ってきた大卒の社員と給与面が変わらない、または自分の方が低いなんてこともあるのが現状です。

また、出世にも響くこともあるかもしれませんね。

個人的にはそういった古い体制の組織には入らない方が良いと思いますが、反対に言えば社歴や実力で評価されると困ってしまう人も多くいるでしょう。

人は悲しいことに「自分は出来る人材だ」と思いながら、実はそれほど貢献できていない、周りに認められていないこともたくさんありますからね・・・。

取りたい資格があるので大卒や特定の履修科目が必要

大卒でないと取れない資格というのも数多くあります。

また東京通信大学でいうと福祉系の国家資格は情報マネジメント学部に在籍していると取れないので福祉の学部で履修をしていかないといけません。

認定心理士や社会福祉士などの資格を取りたい人にとっては良いでしょう。

海外移住、海外就職を考えている

海外では学士号、修士号というのは極めて重要です。

就労VISAなどを取得するのに「大卒」が最低条件になっている場面も多くあります。

また、どの学部卒かも重要です。

情報系の学部でなく文系でもエンジニアになれる日本はかなり恵まれていると思ってください。

今後ますますグローバル化の波にさらされる状況なので海外を視野にいれた動きは必要だと思います。

実務で飛び抜けた成果を出せる人、資本や資産が何千万、何億と潤沢にある人ならば良いかもしれませんが99%の一般人にとっては大卒は重要だと思います。

社会人経験なしで高校卒業から直に入学する場合

この場合も何を目的にして入学するかによります。
主にメリットがありそうなのは以下2点です。

  1. 明確な目的意識がある
  2. 環境が東京通信大学しか無理

明確な目的意識がある

通信制大学に行くことのメリット、デメリットを理解した上でメリットの方が大きいのであれば非常に有用だと思います。

ただ、「楽したい」からという人にとってはどうでしょうか。

意外に大変なことも多いので、楽したいならば通学制の方が良い気がします。

また、通信制大学は良くも悪くも友人ができにくいです。

これを「気楽」と取るのかどうかでも変わってきますが、個人的には大学で繋がった仲間というのは社会に出てからも良い人脈となって人生を良くしてくれることも多いと思います。

環境が東京通信大学しか無理

基本的に通学制の方が学費が高いので「金銭的に無理」という人もいると思います。

そんな方には良いでしょう。

また、体調や家庭的な理由など何かしらあってスクーリングがどうしても難しいという人にも向いていると思います。

まとめ

色々と良いこと悪いことを話しましたが、東京通信大学はかなり「あり」な選択肢だと思います。

ただ、外資系金融や日系の一流大企業に行きたい場合は旧帝大か早慶を目指してください(笑)

私は海外移住を目指しているので大卒が必要です。またエンジニア就職はVISAがおりやすいことも多いので、情報マネジメント学部を選択しました。

今後エンジニア需要がますます増加するのは必至なので良い選択になると思いました。(ただ学校で学んだプログラミング技術が実務で使えるとは必ずしも思わない。)

ということで本日は以上です!

 

ABOUT ME
キヨシ
キヨシ
キヨシじゃよ^^ 30歳を超えてからエンジニアに転身。現在はリモートワークしながら海外と日本を行き来して自由気ままに暮らしておるよ( ^ω^ ) フォッフォッフォッ