転職

派遣社員から正社員のWebエンジニアになった話【3名の体験談】

temporary-to-regular-engineer
対象者

本記事は「派遣から正社員Webエンジニアを目指している人」を対象にしています。

キヨシ
キヨシ
フォッフォッフォッ、キヨシ(@kiyothink12)じゃ^^今日はバイトや派遣から正社員Webエンジニアになった経験のある人のアンケート記事じゃ^^
ケイタ
ケイタ
キヨシさんもバイトからエンジニアのキャリアが始まったんですよね?
キヨシ
キヨシ
うむ、そうじゃの。ワシみたいに未経験で年齢も30を超えてるとひょっとしたら初めはハードルの低いバイトからというのが良い面もあると思う。
ケイタ
ケイタ
バイトでも”実務経験”にはなるっていいますしね!
キヨシ
キヨシ
うむ、実際そこからのセカンドキャリアはそれほど苦労していないのう。ファーストキャリアをどう積むのかが大事じゃ。それでは3人の方の体験談を聞いてみようかのう^^

派遣元で派遣社員から正社員となり、引き続き同じ派遣先へ

女性です。40代です。エンジニア歴は10年以上です。

私は当初、システム開発業者でエンジニアをしていましたが、求めるスキルを身につけられる案件がないこと、システム開発の技術や知識よりも営業スキルが重要視される会社の評価基準などに不満を持ち、自らのスキルを磨くために派遣エンジニアとして働くことにしました。

幸運なことに、最初に派遣された職場が自分の希望にぴったり合致していました。

自社の運営するWEBサイト上で公開するアプリケーションの設計、開発、保守、運用を任され、フロントエンドからサーバーサイドまで全般にわたって携わる中で、新たな技術もどんどん身につけられました。

厳しい納期は無く、自分のスケジュールで仕事が進められ、残業や休日出勤は一切無し。ありがたい職場です。

不満は、職場での「えらさ」というか、職位区分のあり方です。

研究機関なので、正職員の他に、ポスドク(任期つき職員)、学生、秘書(派遣職員)、私のような技術派遣職員などさまざまな契約形態の人たちが働いています。

ポスドクの任期は最長でも5年、私より短い期間しか居ないのに、正規職員の扱いで、立場は私より上です。

また同じ派遣職員でも(私から見れば大した仕事もしていない)秘書は、職員の方が面倒がる予算発議や資産管理業務をやっているからか、技術派遣よりも立場が上。

社内システムで管理されている資料の閲覧権限の設定など、納得がいかなかったり腹立たしいこともあります。

しかし、自分が任されている業務の範囲内ではある程度の裁量権も与えられ、意見も取り入れてもらえていましたので、やりがいがありました。

派遣法の特定26業務の案件として、12年間、ずっとその職場で継続して契約していただいていました。それだけ継続しても時給は上がりませんでしたが、もともと2000円と高い金額だったので、そこは仕方ないかなと考えていました。

しかし、派遣法が改正され、それまで特例として何年でも継続できた26業務の派遣についても、業務に関らず、同じ人が同じ職場で働けるのは3年まで、と決められてしまいました。

私としてはもうこの職場で正社員にしてもらいたいという希望はありましたが、正職員はみな大学院卒で博士号を持っている方がほとんど、大卒の自分が正社員になることは難しいことも承知していました。

職場と派遣会社で交渉が行われ、結局、派遣会社の正社員となり、同じ職場に継続して派遣されることとなりました。

結果的に、正社員になった前と後で、派遣会社とのやりとりも、職場での立場や待遇、業務内容も、それまでと全く変わっていません。

が、この職場で認めてもらえているからこれだけ継続して契約してもらえているんだと、誇らしく思っています。

上司に見込まれるかが肝。3年の派遣社員を経て、正社員登用

男性です。40代です。エンジニア歴は1〜3年です。

最初は派遣会社に登録をして、エンジニアとして派遣されたことがありますが、私は、派遣先の上司に将来的には、SEエンジニアになりたいと申し出たら、そのことが派遣先の社長の耳に届いて、私を「派遣社員としてではなく、正社員として働いてくれないか?」とお誘いのお言葉をいただきました。

私もエンジニアとして入社してそんなに技術力があるとは思っていなかったのですが、派遣先の社長に仕事の姿勢が認められて正社員になれたので、私自身とても嬉しかったです。

私が正社員になった職種はWEBエンジニアです。

私が派遣先でもらっていた給料は、1500円からスタートをして、勤務時間は、残業を合わせると、週に50時間は越えているかと思います。

正社員になる前は、実質3年くらいやっていたかと思います。

残業が当たり前の世界になっていますが、効率性を保てば、おのずと残業も少なくなってくるかと思います。

私は、与えられた仕事をはじめる時に、いつまでの納期なのかを聞いて、そこから私なりに仕事を進める計画を立てます。

WEBエンジニアとなって、コンピューター上のメンテナンスなどを主に行っていました。

私は業務を行う時には複数の仕事を一気に与えられると混乱をしますので、前もって上司には作業内容は、その都度与えてもらいたいということは伝えてあります。

私の仕事は、コンピューターのメンテナンス作業なので、技術的なスキルは必要となってきます。

私の知識にはない作業を与えられた時には、きちんと教えてくださったので、自分なりのスキルもアップできたかと思います。

派遣から正社員になる方もいらっしゃいますが、それには派遣先の上司に好かれることが重要なのです。

私もそんなにレベルの高いスキルは持ち合わせていないので、できないことははっきりと「私にはできません」といっているので、派遣先で働いている時には、トラブルも起こすことはなかったです。

派遣に魅力を感じて仕事をしようと思ったきっかけは、いろんな会社を経験してみたいと思ったことです。

正社員になると、転職をしないといろんな会社を経験できないので、期間は限定されますが、会社によっては延長してくれる所もありました。

いろんな会社を経験してきましたが、私も40代を超えましたので、そろそろ安定した会社にと考えていた時に、派遣先からお声がかかったのです。

まだ年齢が若い方はいろんな会社を経験された方が自分のためにはなります。

「生涯この会社で」と考えるのは、もっと先の話になりますので、派遣からはじめるという選択はありだと思います。

派遣であっても、そこの会社の一員として働くことになりますので、ボーナスをもらえたりすることはないので本当にその会社が好きで仕事も好きでないと仕事が続かないと思います。

派遣で働くと昇格をするのが難しいですが、派遣の役割はその会社の方から与えられた仕事をするだけなので、「いつまで」という”期限”が浮かんでしまうことがありますので、全面的に集中できない所があります。

正社員で働けると上司に見込まれればどんどん出世をすることができるのもメリットに感じます。

上司の知り合いの会社を紹介してもらい正社員へ。ボーナス、昇給もあるので年収は増えました。

女性です。30代前半です。エンジニア歴は10年以上です。

結婚を機に県外に引っ越したタイミングで元々の仕事をやめ、新しい仕事を探しました。

正社員も含めていろいろ応募し、そのなかで一番やりたい仕事であった派遣で働くことにしました。

最初は紹介派遣で上場企業にいきましたが社員登用にはならず、違う案件を転々としました。

データ入力など技術を必要としないこともありました。

最終的にはホームページ運営の会社に派遣となりました。

フルタイム(9:00-17:00)勤務で月額20万。ボーナスはなし。

基本的には残業もなく簡単な決まった作業をするだけで、毎日てきぱきとホームページの更新をしていました。

責任のある仕事は正社員の方がやり、作業はひたすら派遣がやりました。

2年ほど経ったころ、私の派遣会社が給料の値下げを通達してきました。

「派遣先が下げろと言っている」と。

仕方なく受け入れました。

しかし、確かめてみると派遣先は一切そんな要望は出していないとのことでした。

派遣会社に違和感と不信感を感じていたころ、私を指導してくださっていた正社員の方々が「優秀なんだからうちの社員になればいいのに」と言ってくれました。

私も「そうなれると嬉しいんですけどね」と言うと素早く上司に掛け合ってくれました。

しかし、上司からは苦い反応。

「優秀ではあるが引き抜きとなるといろいろと会社的にまずい」とのことでした。

その会社は大手会社の子会社だったので、「融通が効かず難しい」と。

その代わりと上司の知り合いの会社を紹介していただきました。

その知り合いとは、派遣先の会社の元幹部で、今はその会社の顧問をしているということでした。

トントン拍子に話が進み、そちらで正社員になることとなりました。

そちらの会社も正社員ではあるが、エンジニアサービスといって社員を外で働かせていたので、私も変わらず前の派遣先でそのまま働きました。

会社も派遣先からお金はいただけるので、単純に私が入社することで売上があがったようです。

そういう意味では派遣で良かったのかもしれません。

正社員になると、業績を考えたり、昇給面談があったりと作業だけをしているわけには行かなくなりました。

派遣より責任感がぐんと増しました。

「リーダーになるために」と研修を受けたりしました。

給料はあまり変わらないもののボーナスは出るので年収は増えました。

昇給もあるので結果的に正社員のほうがお金的メリットは高かったです。

結局、会社が変わっても派遣先にはトータル4年半お世話になりました。

その後、子供を三人出産し、正社員なので育児休業給付金をいただけるのが今一番有り難かったと思っています。

<終わりに>派遣社員から正社員のWebエンジニアになった話【3名の体験談】

キヨシ
キヨシ
うむ、3者3様の正社員への道じゃのう。男性の方が言っていた様に派遣という働き方は「アリ」な面も多い。だが、先々を考えると身を固めて正社員になりたいという思いも募るようじゃのう。
ケイタ
ケイタ
最近だとフリーランスを選ぶ人も増えてきましたよね!
キヨシ
キヨシ
うむ、その流れは今後ますます加速していくと思うのう。雇用形態でなく、経験、実力、実績がつく働き方を選ぶことが「安定」と結びつくんじゃなかろうか。
ABOUT ME
キヨシ
キヨシ
キヨシじゃよ^^ 30歳を超えてからエンジニアに転身。現在はリモートワークしながら海外と日本を行き来して自由気ままに暮らしておるよ( ^ω^ ) フォッフォッフォッ