転職

未経験の30歳でエンジニアの転職は難しい【体験談】

no-experience-30-difficult
対象者

本記事は未経験、エンジニア転職、30歳以上」を対象にしています。

キヨシ
キヨシ
フォッフォッフォッ、キヨシ(@kiyothink12)じゃ^^今日は未経験の30歳でエンジニア転職は難しいと思っている人に対して語っていこうと思うよ^^
ケイタ
ケイタ
キヨシさんも30歳を超えてからエンジニアになったんですよね?
キヨシ
キヨシ
うむ、そうじゃ。確かに不安はあったのう。30歳越えるとかなり就職の選択肢が狭まるとおもっとったからのう。
ケイタ
ケイタ
なるほど、そのへんの情報ぜひ聞きたいですね!
キヨシ
キヨシ
うむ、では詳しく話していこうかのう^^

30歳以上で未経験の転職は不利だという噂、風潮

30歳以上で未経験の職に転職は不利という話はよく聞きますよね。

確かにそれはあると思いますし、私も不安でした。

ただ、それ以上に”期待”が大きかったので行動できた、というもあります。

そして、私が身軽だったのもあると思います。

つまり、結婚していない。独身だということです(苦笑)

しかし、今は時代も変わり、就職事情も著しく変化しています。

また、エンジニアの需要はますます高まっており、20代でなくても就職機会は確実に高まっています。

最近では転職サポート付きのプログラミングスクールもだいぶ増えましたね。

私もプログラミングスクールに通っていたことがありますが、やはり就職サポートがあるかどうかは気になりました。

ですが今思うと就職サポートがあってもなくても気にすることはないと思います。

というのはプログラミングスクールからの紹介の場合は転職先企業がプログラミングスクールに紹介料を払っているケースがあり、ビジネスとしてやっていることがほとんどです。

また、紹介があろうとなかろうが結局は学んだことをポートフォリオにして成果物を作成し、面接に臨むという流れは必須かと思います。

自分が”未経験”だから、”30代または40代”だから、といった負い目があるならば余計にです。

企業も誰かを採用する時に同じくらいの能力、同じくらいのやる気、同じくらいの人的魅力ならば当然年齢が若い方を取ります。

ただ、あなたが20代の時にどういう経験をしてきて、どんな思いで転職を決意して、どういう努力を重ねてきたか、それはあなたにしか出せないものがたくさん詰まっています。

それはしっかり整理してアピールしてください。

「えー何も努力してきてないよ・・」という人は今から努力してください。

寝る時間を削ってでもやってください。3ヶ月やれば変われますし、変われない人は継続できない人です。思い立って行動できる人も少ないですが、そこからさらに継続できるとなると本当に少ないです。

あなたは思い立って行動し、さらにそれを継続したというプレミア価値をぜひ手に入れてください。

また、いくつかのプログラミングスクールなどでは30歳未満限定で受講できるなどもありますね。それはそれとして割り切っていきましょう。

30歳以上でも40歳以上でもあなたをきちんと見てくれるところはあります。

年齢以上にあなたの努力量、想い、重ねてきた経験が重要だと思います。

たぶんダメな場合はほとんどの場合、残念ながらあなたのパーソナリティ(性格)です。

面接の場は何度も見てきましたが、やはり年齢を重ねた分だけいろんな価値観や癖が凝り固まってしまって”くせもの”になっている可能性は高いです。

人と働くのであなたの凝り固まった価値観から見直してみてください。

こだわりは重要ですが一緒に働きたい人はいつだって温和で柔軟的な人です。

30歳以上のエンジニア転職体験記

ここで私の体験記を綴っていきましょう。

私はプログラミングの勉強はプログラミングスクールから始めました。

なぜプログラミングスクールから始めたかというと、「手っ取り早い」と思ってからです。

というのは私はそれまでに何度かプログラミングの勉強を挫折したことがあります。

プログラミング学習の挫折 1回目

最初は20代の時にIOSアプリで一攫千金を狙おうとobjective-cの勉強を独学で始めた時でした。

その時はそのためにmacbook proを購入し、書籍を買い、ググりながら作成していきましたが、正直全く分からず、買いてあることをコピペするだけで進んでいきました。

当然、訳も分からずコピペをしながら無機質に進めていくので、全く面白みも湧かず、理解も進みません。それが継続できるわけもなく、完成前に挫折してしまいました。

プログラミング学習の挫折 2回目

2回目のプログラミング習得への挑戦は職業訓練校でJavaを学んだ時の話です。

これも当時まだ20代だったと思います。

なぜJavaの講座を受けたかと言えば、前にソフトウェア会社で勤めていた友人が「Javaのエンジニアを探している。もし良いエンジニアなら100万でも月収出すから誰かいない?」という話をしていて、「おお、Javaって稼げるんか!」という理解でいた。ただそれだけです(笑)

この浅はかさに我ながら愕然としています。

この講座は企業が主催しており、その企業のエンジニアの人が講師として講義をおこなっていました。

ただ、エンジニアの方は自分でプログラミングを書くことはできても、それを教えることを職業とはしていないので、正直教え方が全く受講者の理解と乖離しており、ほとんどの方が脱落する、興味を持てずに講義は進んでいきました。

当然、私もその一人です。

結果として元エンジニアの方しか講義についていけず、受講期間の最後の方はほぼ全員の講義中の生気がなかったように思えます(笑)

ただ、それでも最後まで通う人が多いのは受講期間は給付金が支給されるからです。

こうして2度目のプログラミング学習への挑戦も見事挫折に終わり、「もう自分はプログラミングとは縁がないものだ」と思いました。

ですが、ここ数年エンジニアの働き方が世の中的にクローズアップされてきたり、場所を問わずに働けるリモートワークや経験が浅くても高収入が得られるような訴求をする人材会社も増えてきたように思えます。

私もそんな世の中の風潮にがっつり影響され(笑)、「もう一度エンジニアを目指してみよう!」と30半ばになった時に決意新たにしました。

ただ、前述のように2度の挫折経験があります。

なので独学は多分無理だろうと思っており、それなら高い金を払ってでもプログラミングスクールに思い切って通おうということで、その当時最も勢い?があったTECH CAMPを受講することにしました。

TECH CAMPの体験記はまた別の機会で。

30歳以上の転職で気をつけること

  1. これまでに何をしていたか?
  2. 何故30歳を超えて未経験であるエンジニアに就職しようと思ったか?

これまでに何をしていたか?

「これまでに何をしたいたか?」

まあ面接だからというより、普通に気になることです。

どのような企業で何をしていたか、その成果など、ただの”自己紹介”にならないようにアピールとして整理して伝えるようにしましょう。

アピールとしての基本は、

定性的なもの(頑張りました)ではなく定量的に判断できる”数字”を使うことです。

何故30歳を超えて未経験であるエンジニアに就職しようと思ったか?

今まで就いていた職に何かしらの不満があったとしても愚痴のようになってしまうのはやめましょう。

愚痴は誰が聞いても気分の良いものではないですし、他責にしてばかりで自分で解決への糸口が掴めない人という印象を与えてしまいます。

そして、なぜエンジニアになりたいと思ったかは「エンジニア」という職についての理解が必要です。

美味しいことばかり聞いてエンジニアになりたいと思ったことを話しても、「この人は実情など全然わかっていない浅い人だな・・」という印象になってしまいます。

知人でエンジニアがいれば情報収拾させてもらったり、実際のエンジニア何人かに話を聞いてエンジニアという職について、働き方についてなど様々な角度、立場からの意見を吸い上げて自分の動機へと結びつけていきましょう。

こういう動きであるフットワーク、情報収集能力も含めて就職活動であり、あなたの能力だと思ってください。

上記2つに加えて、今後どんなエンジニアになっていきたいかを応募企業に照らし合わせながら語れば良いと思います。

・リモートワークがしたい(自由で楽そうだから)
リモートワークがしたいこと自体は良いと思いますが、”それだけ”だと嫌がる企業は少なくないです。リモートワークをさせるには企業としてもしっかり生産性をあげてもらって、成果をきちんと出してもらうことが必須です。正直リモートワークは私もフルリモートで働いたことがありますが、楽ではないです。むしろ、きついです。通勤してオフィスでやった方がコミュニケーションコストもかかりませんし、変なプレッシャーもないので楽だと思います。それでも、「自分は実力があって一人で大抵のことは解決が出来る」、「どうしても家にいないといけない事情がある(子育てや持病など)」という人にはとても良いと思いますが、それなりの覚悟を持って臨んだ方が良さそうです。・フリーランスになりたい(高収入だから)
これも最近かなり多いですね。企業に入るのが”修行期間”としてだとしたら、辞めることを見据えて入ってくる人を果たして採りたいかは企業判断に委ねるところですが、大体こういうことをいう人って”表面的なこと(給与が高い、残業しなくても良いとか)しか見ていない”ケースが多いです。但し、表面的なことは重要ではあると思います。

問題は、それ”しか”見ていないということです。あなたを採用することが企業にとっても良いし、あなたにとっても良いというwinwinな関係を築けるようにして臨みましょう。

※これら二つとも企業に所属する場合です。個人でweb制作なりで仕事を受注して請け負うのであればこの限りではありません。

<まとめ>未経験の30歳でエンジニアの転職は難しい【体験談】

  1. 成果物(ポートフォリオ)は必ず作成する。
  2. 今までどう生きてきたかが大切。中途半端だったならば今から3ヶ月しっかり頑張ろう。
  3. 「エンジニア」の”理想”だけでなく、”現実”の情報を積極的に取得しにいこう。
  4. あなただけがwinな理由だけでなく、相手もwinする理由をしっかり作ろう。
ABOUT ME
キヨシ
キヨシ
キヨシじゃよ^^ 30歳を超えてからエンジニアに転身。現在はリモートワークしながら海外と日本を行き来して自由気ままに暮らしておるよ( ^ω^ ) フォッフォッフォッ