Ruby

30歳プログラミング未経験からの勉強で転職は遅い?【本人体験談】

30歳プログラミング 未経験からの勉強で 転職は遅い? 【本人体験談】
対象者

本記事は「プログラミング初心者、30歳以上、エンジニア転職を視野に入れている方」を対象にしています。

キヨシ
キヨシ
フォッフォッフォッ、キヨシ(@kiyothink12)じゃ^^ 今日はワシの経験も踏まえて、30歳以上のエンジニア転職希望者がどういう動きをすべきかをアドバイスしていきたいと思うぞい^^
ケイタ
ケイタ
そういえばキヨシさんって30歳超えてからエンジニアになったんですよね?やっぱり色々と苦労したんですか??
キヨシ
キヨシ
うーむ、正直苦労したって感じてはしていないんじゃよな。今エンジニアは明らかに不足しているし(エンジニアだけではないが)、30歳以上だから「うちは長期勤続によるキャリア形成を・・・」というようなこともなかったしな。幸運だけなのかわからんが割とすんなりいったよ。
ケイタ
ケイタ
へ~さすがキヨシさんですね!その秘訣みたいのがあればぜひ聞きたいです!
キヨシ
キヨシ
まあ秘訣なんてものはないんじゃが1つずつワシの経験も踏まえて話していくぞい^^

TECH::CAMP(テックキャンプ) に通い始める

まず「プログラミングスクールに通うべきかどうか?」と、いうところから話すと、私は”通うべき”とは思いませんが「通って良かったな」と思っています。

現在ではたくさんのプログラミングスクールが誕生しています。

まだこの流れは続いていく・・・というより益々加速していくでしょう。

プログラミング初心者がまずぶちあたる壁は「何を勉強したら良いかわからない」と、いうこと。

Twitterなどを見ると駆け出しエンジニアから凄腕エンジニアまで、様々なエンジニアの先輩達が”何を”、”どうやって”勉強していくかをつぶやいてくれています。

私は当初Twitterを使っていなかったですし、エンジニアの知り合いもほぼいなかったこと、過去にプログラミングを独学して挫折した経験があることからプログラミングスクールに通うことを選びました。

TECH::CAMP(テックキャンプ)を選んだ理由

  • 当時は他にプログラミングスクールが少なかったので、そもそもの選択肢。
  • 値段的にも就職すればすぐにペイできると思った。
  • 在宅だけでも学習が完結できるカリキュラムがあった。(通学しなくても良い)

 

在宅学習に関しては中にはスクールに通って皆が一緒に周りで学んでいる環境がモチベーション的にも良いという人もいると思います。

しかし、私は極度の人見知りであること、30歳を超えているのでおそらくスクール生のボリュームゾーンである学生層(18~21歳)と馴染むのが億劫になると思いました。

TECH::CAMP(テックキャンプ) に通った感想

  • 体系的に学ぶことができる

独学で書籍やネットに落ちている情報で勉強をしようとすると、入門者段階では迷子になりやすいと思います。

実際、私は独学経験もありますが迷子になりまくりました。

そして、そのままフェードアウト

こういう末路を辿るのはプログラミング学習者にとって少なくなくないことだと思います。

学習の王道の流れ
  1. 一連の流れに沿っておこなう。
  2. スポットでわからないところがあったとしてもとりあえず進む。
  3. 進むに連れて「あーあそこでやったのはこういうことだったんだ!」という理解にたどり着けること。

上記のような認識が担保されながら進められると良いと思います。

 

  • プログラミング入門者に寄り添った教材

よくあるのは書籍やチュートリアルなど初めの方の章は理解できて順調で楽しいのに、4章とか5章くらいになると急に難易度があがるパターン。あるあるですよね?

その点、教材はよく考えられていたように思います。「初心者が何でつまづくのかがわかっている」と、いうか。

よく試行錯誤されて作られていたと思います。

  • わからない時にメンターに即座に質問することができた

ここはよく賛否両論があがるところですね。メンターのほとんどが当時はTECH::CAMP卒業生の”学生アルバイト”ではありました。

ですが、教材に沿った内容、エラーであれば質問をすれば大概のことがスムーズに解決します。

ただ、教材から少し応用したことになると当然エンジニアとしての場数、経験値が問われると思うので答えられないことも出てくると思いますが、そもそも私は教材にいっぱいいっぱいだったので応用技の質問など出ませんでした。。

また、利点としてはやはり最近学習した近い立場の人の方が「何故わからないかがわかるから説明が理解しやすい」というのはあると思います。

そして、卒業後も使用したTECH::CAMP(テックキャンプ) 専用の教材サイトが閲覧できるのも良いと思います。

また、やはりメンターも人間なので当然ながらそれぞれ性格が違います。

会社としては指導の仕方を教育はされていたと思いますが、にじみ出ている親切さ、丁寧さにはどうしても個人差が出ます。

私の場合、悪気がなくても「先ほども言いましたが・・」と言われるのがなんか嫌です。

一方で、「キヨシさんのその質問には私もハッとさせられるところがあり、こちらも為になっています!」なんて気分が乗るようなことを言ってくれるメンターもいました。

これって個人の性格なのでどのスクールがどうとかは関係ないんですが、総じて爽やかで良い人が多かった印象です。

エンジニア転職活動

初めてのエンジニア転職活動

TECH::CAMP(テックキャンプ)自体は良かったですが、正直終了後も自分がどこまで実務で今の知識を使えるのか?評価してもらえるのか?についてはまるで自信がありませんでした。

また、ポートフォリオも作っていませんでした。

加えて、私はすでに30歳を超えているので企業側としても採用に関してやはり「ネガティブにとらえられるのでは?」という懸念も強くありました。

そこでまずはアルバイトから始めようと思い、実務未経験でもOK、さらにスクールで勉強したRubyを扱っている企業を探しはじめました。

幸い?1発目の企業で書類が通り面接へと進むことが出来ました。

30歳以上の応募者が面接で聞かれること

  • 今までの経歴(学生時代何をしてたか、職歴など)
  • なぜ30歳を超えてエンジニアに転職しようと思ったのか

まあ妥当な質問ですね。私が採用担当でも聞くでしょう。

特に2つ目の『なぜ30歳を超えてエンジニアに転職しようと思ったのか』に関してはどこの企業でも必ず聞かれると思います。(深い意味はなくとも単純な興味としても)

上記の質問に対して私は以下の点について回答しました。

  • エンジニアとしてのキャリアの将来性
  • コードを書くことに楽しさを感じることが出来る
  • 業界のスピードが他業界に比べても早いので新しいことをキャッチアップしていくことへのやりがい

このへんを過去の経験と照らし合わせながら適性アピールをしつつ話をしました。

面接は終始和やかにカジュアルな感じで進み無事合格しました。

まあ未経験可のアルバイトなので元々そこまで採用難易度高くないのかと思いましたが、入社してから結構な数の人が応募して落選していっていたので、ラッキーだったなとは思います。

面接不合格者の特徴

  • コミュニケーションが一方通行(相手が求めていないことを意気揚々と話し続ける)
  • 話の組み立てが全くロジカルではない(聞いていて頭に入ってこない)
  • 今までの経歴、現在、将来の行動や考えに筋が通っていない。(すぐ辞めそうなイメージとなる。)

という感じが共通してたなと思います。

30歳プログラミング未経験からの勉強で転職は遅いのか?

私はその後2度エンジニア転職していますが、30歳以上ということでネックになることは多くはないと思います。(そりゃ企業や担当者によってはそういうこともあるのでしょうが)

それよりも、

「今まで何をしていたのか?」

「なぜ今になってエンジニアなのか?」

これらの問いに対して共感や賛同が得られれば全く問題ないと思います。

むしろ、強みにさえなる可能性もあると思って良いです。

私の場合、ポートフォリオがなかったですが当然あった方がmuch betterです。

ポートフォリオの出来具合、技術チェックというより本気度、真剣度、自己学習熟練度みたいなところで評価されること請け合いです。(これ実務未経験者にとって超重要)

実際に30歳を超えていて合格している人も私以外にもいましたし、20歳前後の若い子でも落ちている方はたくさんいました

まとめ

  • 30歳前後でも大丈夫。但し、自己分析、業界分析、会社分析の準備は入念にすること。
  • ポートフォリオは作った方が絶対良い(作ってくる人本当に少ないので加点間違いなし)
  • スクール行ってたかどうかは企業の評価基準としてはほぼ関係なし。ただ、初学者がつまづきやすい基礎をザクッと流れに沿って学べ、聞ける人がいるのは非常に心強い。
  • 髪型、服装など清潔感等、身だしなみからきちんと整える。
ABOUT ME
キヨシ
キヨシ
キヨシじゃよ^^ 30歳を超えてからエンジニアに転身。現在はリモートワークしながら海外と日本を行き来して自由気ままに暮らしておるよ( ^ω^ ) フォッフォッフォッ