エンジニア

文系でWebエンジニアになった体験談

humanities-be-engineer
対象者

本記事は「文系でエンジニアを目指している人」を対象にしています。

キヨシ
キヨシ
フォッフォッフォッ、キヨシ(@kiyothink12)じゃ^^今日は文系出身でもエンジニアになれるとか有利or不利のような話を聞いてみたぞい^^
ケイタ
ケイタ
キヨシさんも文系でしたよね?
キヨシ
キヨシ
うむ、ド文系と言っても良いな。。理数系はマジで苦手じゃった・・。
ケイタ
ケイタ
何か不利に感じたことはありましたか?
キヨシ
キヨシ
うむ、それはまず今日の御三方に話を聞いてから最後にワシのことは話そうかの^^

スタートは理系の方が有利な気がするが、文系でWebエンジニアになりづらいは大間違い。

女性です。40代です。エンジニア歴は18年です

元々、文系の大学出身でしたが、「就職するなら何か“手に職”として専門的な仕事ができれば良いなぁ」と思い、IT系の仕事を検討するようにしました。

同じ学部の先輩方も文系からIT企業へ就職される方も結構いたので、話をお聞きして「自分も大丈夫かなぁ」と思ったので、Webエンジニアにチャレンジしてみることにしました。

「就職してからプログラミング言語などは覚える事が出来る」と面接時に確認していたので、まず研修がスタートしてからPHPなどのプログラミング言語を勉強するようにしました。

初めて学ぶ事が多々ありましたが、抵抗感などもなく楽しく勉強することができ、プログラミングの勉強はスムーズだったと思います。

研修以外では自分で技術書を買ってはPCに言語をインストールしてプログラミング学習をおこなうなど独学するようにしていました。

また、eラーニングなど幅広く学習できるシステムも会社では充実していたので取り組んでいました。

「未経験でもOK」というIT企業に就職し、そこで研修を受けることができたので専門的な知識を身につけることができ、仕事に活かせる知識が日々学べたので仕事への充実感得ながら働くことが出来ました。

文系Webエンジニアと理系Webエンジニアを比べたメリット、デメリットなどについては正直最初は感じました。

やはり、理系出身のWebエンジニアの方は何かしらプログラミング言語への取り組み方が慣れているように思えます。

二進数でプログラミングは行うのでそういった基本的な部分やフローチャートの考え方など、しっかりできているのでスイスイ頭の中に入っていくのがわかります。

なので文系出身はその辺が慣れていないので、最初は理解するのに時間を費やしました。

ですが、コツを掴むとプログラミングや言語の習得など苦手意識を持たずにできるので、文系はWebエンジニアになりづらいと思っているようでしたら、それは大きな間違いかと思います。

文系出身のWebエンジニアも多数いますし、入社してから独学で習得していくので大丈夫です。

スタートラインは理系と文系で少し違いは感じるかもしれませんが、しっかりと学習していくことで着実にレベルアップしていけるでしょう。

Webエンジニアには理系よりも文系の方が得意となりうるものがある

男性です。20代後半です。エンジニア歴は5年です

私は四年制大学の文芸学部を卒業し、新卒で現在勤めているIT企業に就職して約5年が経ちます。

文系出身の私は、Webエンジニアに限らず”プログラミング”と聞くと数学的なセンスであったり、理数系科目や情報系科目の計算処理や幾何学などを学校で勉強していないと手も足も出ないのではないか?と、正直なところ心配な気持ちがありました。

ですが、今後の世の中を考えたとき、ITリテラシーやITスキル、プログラムを設計、開発したり、解読することができる力は必ず役に立つと思い直し、思い切ってIT企業の門戸を叩きました。

「未経験だが勉強の意欲はとてもある」と、いう気持ちを就職面接で前面に出したところ、自分で予想していたよりもIT企業側に未経験、文化出身者に対して受け入れ態勢があり、
「未経験でも文系でも、入社してからの伸びを重視している」という企業が多く、事前に知識のない私でも就職することができました。

実際、入社後にプログラミングの基礎としてC言語、Javaの社内研修を受け、自身としても業務で触れる前に、書店でwebアプリケーションの参考書を買い求め、通勤時間や休日に勉強をしていました。

また、基本情報技術者の試験勉強も、プログラミング技術の基礎を固めてくれたと感じています。

プログラミングの勉強としては、会社が提供してくれる技術研修(といっても開発環境を与えられて、ごく簡単な入門書の内容に沿ってシステムを作るのみ)を受けて、そのままJavaで動作するwebアプリケーションの開発プロジェクトに配属されました。

プログラムを読むことに関しては、上記のような勉強方法で、基本的な流れは理解できましたし、不明な点も多くありましたが、インターネット上にも参考となるページが多数存在していたため、適宜必要ない情報をそこから収集して勉強し、自然と技術は身についていったと感じています。

また、これは「文系の方が有利かもしれない」と、実際の業務を通じて感じたことがあります。

Webエンジニア(というよりIT業界に共通だと思います)にとって、ステークホルダーに自分の考えや意思を伝える必要がある、という機会が、様々なタイミングでやってきます。

その時にいかに適切な表現でわかりやすく、簡潔に情報を伝えられるかという力は、
理系の方が得意とするイメージのあるプログラミングスキルや設計力と同様に求められる力であると、私は考えます。

文系出身である私は、言葉や文章、コミュニケーションの勉強を学生時代に多くしてきましたので、特に上記のような場面では、学生時代の経験が役に立ったように思います。

このように文系出身のWebエンジニアでも、文系ならではのスキルを活かす場面は大変に多くありますので、理系ではないということに尻込みせず、挑戦する価値があると私は考えます。

文系か理系かより自分がどういう形でWebシステムに携わっていきたいのかが大切。

男性です。40代です。エンジニア歴は15年です

私は高校では文系のクラス、大学では文学部でした。

数学はセンター試験程度は勉強しましたが苦手なほうで、「文系の人間」といっていいと思います。

それでもパソコンには興味があったので、主にゲームでパソコンに触れていました。

「パソコンを使った仕事に就こう」と思い、その頃は個人がホームページを持ちはじめたインターネット黎明期だったため、デスクトップアプリにも携わりはしましたが、おのずと業務はWeb中心となりました。

まだWebシステムといえば、Perl が主だった時代です。

携わったシステムは主に小規模なもので、私がひとり、もしくは3名程度のチームで開発していくものでした。

そこでは、お客様の業務をいかにシステムやコードに落としていくかということが課題で、理系的な複雑な計算などは必要とされませんでした。

むしろ、必要とされたのが文系の分野に属する事柄で、お客様に提供する資料の作成、ビジネスロジックを整理すること、公式のドキュメントを読み込む能力などでした。

計算は「お客様が手計算やExcelでやっていたこと」をコーディングすることが主なので、四則演算や簡単な集計程度でことが足りました。

プログラミングについての勉強は、主に業務内で行っていました。

前述したようにドキュメントの読み込みやインターネットでの検索によって新しい知識やスキルを身に付けました。

書籍や雑誌なども読みましたが、一般的なものについては多くの書籍が出ているので、わかりやすいものが用意されています。

現在ではWebにかかわるエンジニアも多様化していて、そのなかでもよりコアな部分、高速化やセキュリティに関するような部分については、やはり理系のエンジニアの得意領分であるとは思います。

より速く、より精密にシステムを構築するには、高度な技術が必要とされるからです。

ですが、お客様やユーザに近い部分、画面の構成であるとか、より使いやすいシステムを構築するという点においては文系の能力が役に立ってきます。

利用されるのは技術者ではなく、一般の方だからです。

ですので、決してWebエンジニアになるにおいて、文系か理系かどちらがいいということはありません。

ただし、得意分野はどうしてもあるので、自分がどういう形でWebシステムに携わっていきたいのかを整理する必要はあると思います。

また、得意でないことに関しても、学び続けることが重要な業界ですので、その素養さえもっていれば心配はないかと思います。

<終わりに>文系でWebエンジニアになった体験談

キヨシ
キヨシ
なるほどな。まあ総括すると理系文系気にすることないが得意不得意はあるという感じかな。
ケイタ
ケイタ
キヨシさん自身はどうでしたか?
キヨシ
キヨシ
ワシもそんなにデメリットは感じたことはないが、規則性や「ここがこうなったらここはこうなる」みたいな考え方はやっぱりプログラミングには必要で理系の人の方がそういうのに親しみやすい脳の構造はしている気がする。
ケイタ
ケイタ
なるほど。反対に文系でいることのメリットはありましたか?
キヨシ
キヨシ
文系だから、理系だからというわけではないが、ワシの肌感覚では文系の人の方が空気感というかコミュニケーションの取りやすさ、察知力みたいのは強い人が多い気がするな。チーム開発ではその力はマジで重要じゃ。
ケイタ
ケイタ
ほうほう、そうなんですね!
キヨシ
キヨシ
ちなみに機械学習エンジニアでは行列とか数学の知識いるから文系の人はちと不利かもしれない。実際ワシも勉強したことあるけどつまづいたしな。。
ケイタ
ケイタ
分野によっては必要なこともあるんですね!
キヨシ
キヨシ
うむ、まあだけどしっかり学習サイトや書籍を読み込んで訓練すればキャッチアップ出来なくないと思う。結局はモチベーションがあるか?維持できるか?が問題となってくる気がする。
ケイタ
ケイタ
そういう意味でエンジニア界でよく言われる大切なことで、「何を作りたいか、何をしたいか」が重要になってくるんですね!
ABOUT ME
キヨシ
キヨシ
キヨシじゃよ^^ 30歳を超えてからエンジニアに転身。現在はリモートワークしながら海外と日本を行き来して自由気ままに暮らしておるよ( ^ω^ ) フォッフォッフォッ