エンジニア

未経験エンジニアのアウトプットのやり方 【就活にも役立つ方法を解説】

how-to-output
対象者

本記事は未経験エンジニア、アウトプットの仕方がわからない人」を対象にしています。

キヨシ
キヨシ
フォッフォッフォッ、キヨシ(@kiyothink12)じゃ^^今日は未経験エンジニアのアウトプットの仕方について語ろうかのう
ケイタ
ケイタ
エンジニアに限らず、アウトプットって大事ってよく聞きますが、エンジニアのアウトプットはどのタイミングで何をどれだけやるのかとか全然わからないですね。。
キヨシ
キヨシ
うむ、そうじゃの。最近ではProgateやドットインストールでインプットをする環境はますます広がって便利になっておるが、アウトプットになった途端に手が止まってしまう人も少なくないと思うな。そもそも何を以ってしてアウトプットとなり、評価されるのか?とかな。
ケイタ
ケイタ
ポートフォリオを作れば良いとは聞きますがちょっとイメージつかないですね。
キヨシ
キヨシ
うむ、そうじゃな。それが普通じゃから安心して良いよ。では詳しく話していこうか

未経験エンジニアがアウトプットをするにはまず大量のインプット

まずアウトプットをするにもインプットが必要です。

英語を話そうにも単語を何一つ知らなければ片言でさえ話せないのと一緒ですね。

まずあなたが未経験でプログラミングのプの字も知らないのであれば、書籍も良いですが書
籍は飽きる可能性大なのでProgate、もしくはドットインストールというサイトでインプットを始めるのがオススメです。

ProgateではHTML,CSS,JavaScript,jQueryをまず2週。

ドットインストールでBootstrapを1週。

その後、ProgateでPHP,Rubyあたりを1週。

さらにRuby on Railsを1週。

これくらいで大枠は掴めると思います。

するとサイトってこうやって作るのかというのがぼんやりと輪郭は見えてくると思います。

輪郭が見えればあとは調べれば、「なんとなく分かるかも?」、「何を調べれば良いかが分かる状態」になっているかと思うので、インプットはここまででひとまずOKです。

①〜④の順におこなうのがオススメです。

Progate

①HTML,CSS,JavaScript,jQueryで2週。

③PHP,Rubyで1週。

④Ruby on Railsで1週

ドットインストール

②Bootstrapで1週。

 

アウトプットを始める時期を先に決める

正直、インプットの作業は楽しいです。

そして、Webというのは奥にも横にも広く、永久に学習が続きます。

熟練エンジニアでもそうです。業界の流れ、技術の進化が早いので勉強は一生続けないとなりません。

なので「まだまだ自分は分かっていない。だからインプットをもっとしないと」という状態は半永久的に続いてしまいます。

どこかで区切ってアウトプットしないといけないのです。

私は未経験から始めた人のインプットは約2週間、長くても1ヶ月で良いと思います。

これ以上長引いてもあまり良いことはなく、むしろ「遠回り」している危険さえあります。

というのはエンジニアの理解はやはり”実践”によって深まり、完成するからです。

何をアウトプットとして作成するのかアンテナを張って考える

それでは何をアウトプットとして作れば良いのか?

ここが最大の鬼門かと思います。

大きく分けて下記3つ。

①自分があったら便利だなと思うサイト
②何か作り勝手の良さそうなサイトの模写
③Udemyや書籍で作ったサイトに一手間オリジナリティを加えたもの

これらを作った上で、

・自分の自己紹介サイト(ポートフォリオ)を作って上記で作成した成果物を載せる。

これでokでしょう。

そでは各項目もう少し詳しく説明していきましょう。

自分があったら便利だなと思うサイト

普段あなたが頻繁にPCでする作業で自動化できることはありませんか?

最近はスマホでほとんどのことが出来てしまうので、あまりないかもしれませんが、、

例えば、SNSのapiを使って自分の投稿の反応(いいね数など)をチェックし、フォロワーの推移をgoogleスプレッドシートやエクセルに毎日指定の時間に書き込むようにするなども良いでしょう。

何か作り勝手の良さそうなサイトの模写

LP(ランディングページ)などもアウトプットには良いと思います。

シンプルなものを実装して簡単なデザインも加えてコーディングすれば良いアウトプットとなりうるでしょう。

さらにページの一部のテキストをDBに格納したデータから出力するような処理もあったりしても面白いかもしれません。

Udemyや書籍で作ったサイトに一手間オリジナリティを加えたもの

Udemyの講座や書籍に沿っておこなっていけば、何かしらのプロダクトが出来上がるでしょう。

ですが、それではあまりにもオリジナリティがありませんし、”実績”と呼ぶに相応しくありません。

それらに自分なりの”なぜこうしたか”というエッセンスを加えて機能やUIを改修、追加実装してみましょう。

未経験エンジニアのアウトプットの利点

面接では強い武器になる

未経験の方にとって、「本当に私がエンジニアになれるの?企業は採用してくれるのかな?」と不安に思うことでしょう。

確かに未経験で”ただ独学しただけ”ではひょっとしたら厳しい就職活動を強いられるかもしれません。

ですがアウトプットした形跡があれば企業もあなたを評価しやすく、またアウトプットの形跡はあなたの意識の高さ、モチベーションの高さまで評価される可能性は大いにあります。

「逆にこんなレベルの低いものを見せたら評価下がるんじゃ・・」というのは杞憂です。

未経験の方は必ず何か作りましょう。

また、私は面接の現場にも幾度となく遭遇しましたが、スクールに通っていたという人は多くいましたが、スクールで作ったもの以外で何かアウトプットできるものを持ち合わせている人は少数でした。

そして、その少数の人は合格となっていることが多く、他の方は残念ながらお祈り(不採用)されていたように思えます。

知識が深まる

何かをアウトプットしようとする時、インプットだけだと理解したつもりになっていたものが意外と理解できていなかったことが明確になります。

何の勉強でもそうだと思いますが、教科書を読んでいるだけでは問題に当たった時に対応できないことも多く、問題集を解くというのは勉強においても有効な勉強法だと思います。

それと同様にアウトプットの重要性は対応力のアップ、記憶の定着という点でも寄与しますね。

何より楽しい。モチベーションが続く。

何よりもアウトプットは楽しいです。

自分がしたいことが形になって出ていく様は非常にやりがいを感じることでしょう。

そして、その楽しさがくせになりモチベーションとなります。

反対に思った通りになかなかうまくできずにストレスがたまることも多々ありますが、その分解決した時の爽快感は何とも変えがたいものがあります。

未経験エンジニアのアウトプットでさらに出来ると良いこと

githubアカウントを提出できるようにgitで管理しておく

企業によってはgithubのアカウント提出を求めるところもあります。

そうでなくともgithubで普段から管理していれば変更にも柔軟に対応でき、企業に入ってからのチーム開発にも比較的スムーズに溶け込めるでしょう。

こちらもProgateのレッスンにもなっているので是非企業に入って開発をしたい方は取り組んでみてください。

他にはbitbucketやgitlabといったものもあり、企業によってはそちらを使っているところもありますが、gitコマンドは同様なのでどれを使っても大丈夫です。

twitterやブログで常に発信しておく

普段から技術について発信しているアカウントがあれば(勉強の進捗などでも)、こちらもあるとよりあなたのことを深く知ってもらえるでしょう。

ただ、今日食べたものとか遊んでいるだけのアカウントなら当然やめておきましょう(笑)

ですが、割と採用担当はあなたの名前を検索して出てきたSNSをチェックすることもあるので覚えておきましょう。

勉強会やイベントなどに参加する

勉強会やイベントなどに参加するメリットはもちろん技術の勉強もそうですが、横の繋がりも増え、イベントに参加していることへのモチベーション、フットワークの評価にも繋がります。

また、ここで繋がった人の紹介で入社するなども少なくないので、こういうものにも初心者だからといって物怖じせずにガンガン参加しましょう。

海外のものも含め、最新のテックニュースをしっかりチェックしておく

エンジニアとして最新の技術、最新のIT業界で起きていることに触れていることは大事なことです。

ITニュースサイト、twitterなど国内外のIT事情にはアンテナを張っておきましょう。

面接時などにも会話が広がる可能性がありますし、自分が作りたいものの発想も広がると思います。

<まとめ>未経験エンジニアのアウトプットの仕方

  1. HTML,CSS,JavaScript,jQueryあたりをまず学び、LPなど作ってみよう。
  2. RubyやPHPを学び、DBなどと接続して出力するのも尚良し。
  3. githubなどで管理しておけると面接時に有効かも?また、チーム開発にもスムーズに適応出来る。
  4. SNSで技術に関する発信が日頃から意識出来ていると良い。また最新のIT情報取得も兼ねて行おう。
ABOUT ME
キヨシ
キヨシ
キヨシじゃよ^^ 30歳を超えてからエンジニアに転身。現在はリモートワークしながら海外と日本を行き来して自由気ままに暮らしておるよ( ^ω^ ) フォッフォッフォッ